ANAマイルが貯まる最強クレカはエクストリームカードではない!

ANAカード以外でANAマイラーに人気のクレジットカードといえば、エクストリームカードが挙げられるかと思います。  2017年6月にエクストリームカードは募集終了となりました。

エクストリームカードはソラチカカードと組み合わせることにより、1.35%の還元率であり年会費も条件付きで無料(年間30万円以上の利用で翌年無料)であることがから「ANAマイルを貯める最強カード」として紹介されていることもよくありました。

しかし、エクストリームカードは「ANAマイルの貯まる最強クレジットカード」ではありません。

最強のプラチナ?ブラック?カード

世間でプラチナカードやブラックカードと言われていて、一般人にはなかなか手が出せない以下のカードが本当にANAマイルがたまる最強のクレジットカードです。

  • ダイナースクラブ プレミアムカード 還元率2% (年会費 13万円+税)
  • ANAダイナースクラブ プレミアムカード 還元率2%  (年会費 15万5千円+税)
  • ANA VISAプラチナ プレミアムカード 還元率約1.95% (年会費 8万円+税)

ANAカードはそれぞれSFC版もありますが、省略しています。

すごい還元率ですがコストパフォーマンスを考えると多くの人にオススメできるカードではありません。

ダイナースクラブプレミアムカードについては以下の記事でくわしく考察していますので、ぜひこちらをご覧ください。

マイラーとしてのダイナースプレミアムカードを考える
当サイトではポイントサイトによるANAマイル獲得術を推奨しています。クレジットカード決済によるポイント獲得はあくまでもサブですが、年間のクレジットカード決済額が多く、少しでも多くのマイルを獲得したい人向けの記事です。ダイナー...

ANA VISAワイドゴールドカード

ANAカードはANAマイル還元率1%であるという記述をよく目にします。

基本的には上記の記述は間違いではありませんが、ANA VISA、ANAマスターカードに関しては1以上の還元率が可能です。

そのなかでもANA VISAワイドゴールドカードは最大還元率1.71%で多くのANAマイラーにもっともオススメできるカードです!!

ただし、以下の条件があります(この条件を見落としているため還元率1%であると言われてしまうことが多いのです)。

  • マイ・ペイすリボの利用
  • 年間決済額300万円以上(決済額により還元率が変動)
  • ボーナスマイルをソラチカカードによりANAマイルに移行

また、ANA一般カード(VISA/マスター)、 ANA VISA Suicaカードも最大還元率約1.58%であり、こちらも年間決済額が少ない場合にはオススメできるカードです。

三井住友カード発行のANAカードはマイ・ペイすリボやWEB明細書サービス利用による年会費割引があり、それぞれ年会費は以下のようになります。

  • ANA VISAワイドゴールドカード 14,000円+税 → 9,500円+税
  • ANA VISA/マスター 2,000円+税 → 1,025円+税
  • ANA VISA Suica 2,000円+税 → 751円+税

ANA VISA Suicaカードは家族カードを発行できないため、家族で決済を集中して年間決済額を稼ぐ、ということはできません。

還元率と年会費、家族カードの要否を考えて上記3種類から選ぶのがよさそうです。

 

なお、Suica以外は国際ブランドをVISAかマスターかを選択できます。カード付帯のサービスに差はありません。

国内では決済力がほぼ同等のようですが、海外ですとVISAのほうが使えないという場面は少ないようですのでメインカードとしてはVISAを選んでおくのが無難だと思います。

ANA VISAカードで最大還元率を実現するには?

ANA VISAカードで最大還元率を実現する条件は前述の通りです。

達成条件を説明記事を後日アップする予定です。わかってしまえば簡単ですが、理解するまでは難解に感じることもあるかもしれません。

エクストリームカードは結局ダメなの?

エクストリームカードの問題点として、エクストリームカードのポイントをGポイントを経由して、ソラチカカードによりANAマイルに移行しないといけない点にあります。

エクストリームカードポイントは1000円で10ポイントもらえ、10000ポイントは13500 ANAマイルに交換できるため、ANAマイル還元率1.35%を実現しています。

例えば、以下の例です。

  1. エクストリームポイント 10000 ポイント → Gポイント 15000ポイント
  2. Gポイント 15000ポイント → 15000メトロポイント
  3. 15000メトロポイント → 13500 ANAマイル

この、3. にソラチカカードが必要なため、ハピタス等のポイントサイトでためたポイントをANAマイルに移行する場合と競合してしまうのです。

忘れてはいけません、メトロポイントをANAマイルに移行できる上限は1ヶ月に20000メトロポイントです!

つまり、上限に達してしまっている場合はエクストリームカードでためたポイントをANAマイルに移行できなくなってしまうのです。ですので、本ブログの結論としてはエクストリームカードは推奨していません。

しかし決済額が50万円以下と少なく、ポイントサイトでもそれほど利用していない場合に限っては悪い選択肢ではありません。

最後にやはりそもそもクレジットカードで貯まるマイルは、年間数万マイルが限界です。数十万マイルを貯まる方法があるのでこれを実践しない手はありません。

ANAマイルを年20万マイル以上貯めて、海外旅行にいくためには?
ハワイ、毎年行きたくありませんか?しかもビジネスクラスで。私はものすごーく行きたいです!!!でも一般的にはエコノミーで行くのが精一杯、マイルはそんなにたまらないからビジネスクラスは厳しい!と思っているのではないでしょうか。私...

コメント