ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードの入会資格が「20歳以上」に引き下げ

三井住友カード発行のANA VISAワイドゴールドカード、ANAマスターワイドゴールドカードの入会資格がひっそりと「20歳以上」に引き下げられました。

ana-wide-gold

ANAカードのお申込み|クレジットカードの三井住友VISAカード
ANAカードのお申し込みは、三井住友visaカード。ゴールド、学生、プラチナ、ワイドカードなど用途に応じて選べます。付帯保険、電子マネー搭載など機能も豊富。ANA便ご利用の他、普段のお買い物でもマイルが貯まるなどお得な使い方も。

[入会資格]
原則として、満20歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方

三井住友カード発行のゴールドカードの入会資格は提携カードを含めて基本的に「原則として、満30歳以上で、ご本人に安定継続収入のある方」となっています。しかし、何のアナウンスもないまま、ANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは「20歳以上」へと引き下げられました。(アナウンスを私が見落としてるかも?)

なお、ANA JCBワイドゴールドカードは「20歳以上でご本人に安定継続収入のある方」となっているため、これに合わせて引き下げた可能性があります。

JCBのANAカード
マイルがたまるJCBのANAカードへのお申し込みはこちらから。ANAと提携したクレジットカードの比較、オンライン入会、資料請求ができます。おトクにマイレージがたまり、入会・継続ボーナスマイルなどの特典もあるANA JCBカードに是非お申し込みください!

ただ、以前からANA VISA/マスター ワイドゴールドカードは30歳未満でも郵送で申しこんだ人の一部は審査に合格していたようです。とはいえ、ネットで取得報告があがっているのはほぼ20代後半のみで、それも27歳以上がほとんどです。

プロバーやごく一部の提携カードは「プライムゴールドカード」があるため、20代でもいわゆるヤングゴールドカードを取得できますが、ANAカードなどはプライムゴールドがないため、一般カードしか取得することができませんでした。

20代の陸マイラーでもANAマイル還元率がほぼ最強(1.71%)なANA VISA/マスター ワイドゴールドカードが利用できるのは心強いですね。

私も20代なのでワイドゴールドカードは持っていないですし、これを機に取得しようと思います。

ただ、クレジットカード決済で貯まるマイルは大したことがないので、ポイントサイトの活用が最重要であることは言うまでもありません。

ANAマイルを年20万マイル以上貯めて、海外旅行にいくためには?
ハワイ、毎年行きたくありませんか?しかもビジネスクラスで。私はものすごーく行きたいです!!!でも一般的にはエコノミーで行くのが精一杯、マイルはそんなにたまらないからビジネスクラスは厳しい!と思っているのではないでしょうか。私...
ANAマイルを貯める準備編
前回↓の記事ではポイントサイトで獲得したポイントをマイルに交換することで大量のポイントを貯めることができるということを説明しました。 必須ポイントサイト ハビタスにはもう登録しましたか?まだの方はこちらから↓ ポイ...

とはいえ、クレジットカード決済で貯まるマイルも取りこぼしたくはないもの。そんなあなた向けの記事はこちら。

ANAマイラーとしてのクレジットカード編成を考える
ポイントサイトでマイルを貯めているとはいえ、やはりクレジットカードでマイルを貯めることも忘れることはできません。ANAマイラーとしてマイルが貯まるだけでなく、旅行のためのベネフィットも考慮したクレジットカード編成を考えてみました。あ...
ANAマイルが貯まる最強クレカはエクストリームカードではない!
ANAカード以外でANAマイラーに人気のクレジットカードといえば、エクストリームカードが挙げられるかと思います。  2017年6月にエクストリームカードは募集終了となりました。エクストリームカードはソラチカカードと組み合わせることにより...
ANAプリペイドチャージがエクストリームカードのポイント付与対象であることを確認!ANAマイル還元率2.35%!
ANAプリペイドカードにエクストリームカードでチャージして、ANAマイル還元率最大2.35%が可能か?ということを話題にしました。 ついにエクストリームカードの請求が確定し、エクストリームカードのポイントが付与されることを確認...

コメント